2019年08月06日

中国国営中央テレビ(CCTV)に出演しました

63F96993-7A47-4D2D-9FD9-4FB949EC26FE.jpeg


以前、中国CGTN(China Global Television Network)にはSkypeでインタビューされ、出演したことがありました。しかし、中国国営放送の中国中央電視台(CCTV)への出演は初めて。CCTV東京支局長の王夢さんはじめ、スタッフの皆様に謝謝!

新闻观察:日韩“互删好友”影响不只经贸

今月4日に自宅で取材を受けました。スタッフが日韓関係についての拙稿を読んだとのことで、日韓対立の理由や今後の見通しなどを聞かれました。中国も日韓関係の先行きに大変関心を抱いているとのことでした。

東アジアの安定と平和のためにも、日韓首脳は対話に乗り出し、一刻も早く事態の収拾に乗り出すべきです。日韓首脳のシャトル外交は日帰りで訪問できる近さにもかかわらず、2011年12月以来、一度も実施されていない。まず「対話」が第一歩。「対話」が何より重要。机をガンガン叩いて大いにディベートすればいい。未来永劫いつまでもお互いに拳を振り上げているわけにはいかない。安倍政権には既に対北朝鮮強硬路線から、前提条件なしの対話路線に舵を切った実績もきちんとあるわけだから。

日韓関係の悪化は止められないのか? - 高橋 浩祐|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
posted by Kosuke at 23:28| Comment(0) | 日韓関係

2019年07月09日

金正日氏の料理人だった藤本健二さんの無事が確認されました

FujimotoandI.jpg

所在確認が取れずに安否が心配されていた北朝鮮の故・金正日(キムジョンイル)総書記の元専属料理人、藤本健二さんの無事が確認されました。これを受け、日本語と英語でそれぞれビジネスインサイダー日本版、NK Newsに書かせていただきました。

kenji-fujimoto-nknews.jpg



平壌にいる情報源を守るため、慎重に書かせていただきました。私は普段、「関係者によると」という表現は読者への透明性が欠けるため、よほどの理由がない限り、使わないようにしています。しかし、今回は、オーストラリア人留学生、アレク・シグレー(Alek Sigley)さん(29)が6月下旬に拘束された"事件"の直後でもあり、北朝鮮当局も国内情報の流出に目を鋭く光らせています。情報源の生命の危険があるため、「関係者によると」を使わせていただきました。読者の方もきっと事情を理解してくれると思います。そんな優しい読者の意見もありました。

IMG_0992.JPG

藤本さんには2012年以降、何度かインタビューをさせていただきました。藤本さんは日本にいるときは、きっととても孤独で寂しかったのでしょう。時より「高橋さん、元気?何しているの?」と電話をくれることがありました。とてもフレンドリーな方です。今回、所在並びに無事が確認されて、個人的にもとても嬉しい限りです。

ちなみに、このページの最上部にある写真は、2014年1月に都内で藤本さんをインタビューした後に記念撮影したもの。

藤本さんが2017年2月に平壌中心部の百貨店ビルに開店した日本料理店「たかはし」の内部の写真がこちらにあります。店の壁には、藤本氏が寿司料理をつくる、金色の額縁入りの大きな写真が掲げられています。

fujimoto-portrait-restaurant-675x368 (1).jpg

店内の写真を見ればお分かりになると思いますが、店のカウンターに客5人ほどが座れます。

E3BDB032-A0C0-4D7B-89E1-6B58A6A24AF7.jpeg

F708E84D-4088-495D-B24E-3E7356DB9A7C.jpeg


こちらはメニュー。お客さんは、北朝鮮の案内人やドライバーの食事代までご馳走する場合も多いと聞いています。何万円もして高いと聞いています。

2592C644-4CCE-4165-9A2F-7D00635A78F7.jpeg61A81CF3-9C4C-41D9-B9D6-7562D4EE8B85.jpeg

fujimoto-restaurant-dprk.jpg


以上。ご拝読ありがとうございました。










posted by Kosuke at 18:40| Comment(0) | NK News

2019年07月07日

相澤冬樹さんと境治さんと「ネットはジャーナリズムをどう変えたか?」を議論しました

A5F32AEB-5E9D-4B53-9642-A8EA365CEA99.jpeg

少し前になりますが、先週土曜日の6月29日(土)に高円寺の対談収録スペース「ヒマナイヌスタジオ」で、「相澤冬樹&境治『メディア酔談』」にゲストとしてお招きいただき、「 ネットはジャーナリズムをどう変えたか?」をテーマにわいわいがやがや議論させていただきました。

F84BE3A4-79A3-4B74-8C46-77D3091EA90D.jpeg

相澤さんとお話ししていて、ネットメディアへの期待が強いようでしたので、ハフポスト日本版編集長時代の現場の話をさせていただきました。少し生々しかったかもしれません。いずれにせよ、ハフポスト日本版編集長時代の話は、私の貴重な体験。楽しく、そして刺激的でしたが、同時に大変な一年半でした。

6E63F4C4-6F5F-4458-8150-E55A970D9549.jpeg


こちらに動画があります。


動画の中では、ハフポスト編集長就任の1年目のKPI(重要業績評価指標)が毎月1億ページビュー(PV)だったことをお話しました。何とかこれは達成できました。しかし、2年目のKPIは2億PVを、会社からは命じられていました。いかに大変か、動画を見ていただいた方には分かると思います。そして、なぜ僕の心がなぜハフポストから離れていったかも。。。

89A1464A-D4FC-4309-9A83-4E56B0A587EA.jpeg


こちらに報告記事もあります。

相澤冬樹&境治「メディア酔談」 ネットはジャーナリズムをどう変えたか?(ゲスト:高橋浩祐氏)が配信されました!

32904220-F049-4C11-919E-FAA6701AECCF.jpeg


とても楽しかった一夜でした。


posted by Kosuke at 17:31| Comment(0) | ジャーナリズム