2019年07月09日

金正日氏の料理人だった藤本健二さんの無事が確認されました

FujimotoandI.jpg

所在確認が取れずに安否が心配されていた北朝鮮の故・金正日(キムジョンイル)総書記の元専属料理人、藤本健二さんの無事が確認されました。これを受け、日本語と英語でそれぞれビジネスインサイダー日本版、NK Newsに書かせていただきました。

kenji-fujimoto-nknews.jpg



平壌にいる情報源を守るため、慎重に書かせていただきました。私は普段、「関係者によると」という表現は読者への透明性が欠けるため、よほどの理由がない限り、使わないようにしています。しかし、今回は、オーストラリア人留学生、アレク・シグレー(Alek Sigley)さん(29)が6月下旬に拘束された"事件"の直後でもあり、北朝鮮当局も国内情報の流出に目を鋭く光らせています。情報源の生命の危険があるため、「関係者によると」を使わせていただきました。読者の方もきっと事情を理解してくれると思います。そんな優しい読者の意見もありました。

IMG_0992.JPG

藤本さんには2012年以降、何度かインタビューをさせていただきました。藤本さんは日本にいるときは、きっととても孤独で寂しかったのでしょう。時より「高橋さん、元気?何しているの?」と電話をくれることがありました。とてもフレンドリーな方です。今回、所在並びに無事が確認されて、個人的にもとても嬉しい限りです。

ちなみに、このページの最上部にある写真は、2014年1月に都内で藤本さんをインタビューした後に記念撮影したもの。

藤本さんが2017年2月に平壌中心部の百貨店ビルに開店した日本料理店「たかはし」の内部の写真がこちらにあります。店の壁には、藤本氏が寿司料理をつくる、金色の額縁入りの大きな写真が掲げられています。

fujimoto-portrait-restaurant-675x368 (1).jpg

店内の写真を見ればお分かりになると思いますが、店のカウンターに客5人ほどが座れます。

E3BDB032-A0C0-4D7B-89E1-6B58A6A24AF7.jpeg

F708E84D-4088-495D-B24E-3E7356DB9A7C.jpeg


こちらはメニュー。お客さんは、北朝鮮の案内人やドライバーの食事代までご馳走する場合も多いと聞いています。何万円もして高いと聞いています。

2592C644-4CCE-4165-9A2F-7D00635A78F7.jpeg61A81CF3-9C4C-41D9-B9D6-7562D4EE8B85.jpeg

fujimoto-restaurant-dprk.jpg


以上。ご拝読ありがとうございました。










posted by Kosuke at 18:40| Comment(0) | NK News

2018年09月01日

NK Newsに寄稿しました

NK Newsへの最新の拙稿です。



防衛白書で、北朝鮮の核・ミサイルについて「これまでにない重大かつ差し迫った脅威」と明記されました。ただ、北朝鮮の脅威をめぐっては、日本政府の方針に一貫性が欠けているように思えます。日本という我が祖国を愛しているがゆえに、厳しく問いました。 アメリカのシンクタンク、CSIS Korea Chairがツイッターで拡散するなど、反響も大きいようです。









posted by Kosuke at 20:44| Comment(0) | NK News

2018年05月28日

NK Newsへの最新の拙稿です。

IMG_2755-675x368.jpg
Ri Pyong Hwi is an associate professor at the Pyongyang-linked Korea University in Japan | Photo: Kosuke Takahashi

北朝鮮関連の専門ニュースサイト、NK Newsへの最新の拙稿です。

North Korea may restart missile tests if summit fails: Chongryon-linked scholar

朝鮮大学校准教授の李柄輝さんの26日の講演内容をまとめました。李さんは、万が一、米朝首脳会談が決裂すれば、北朝鮮がミサイル発射を再開し、米軍の軍事行動を招きかねないとの最悪シナリオを示しました。北朝鮮にしてみれば、やはり米軍の軍事行動の恐れが常に心配、と受け取りました。

李さんは「だからこそ朝米双方がそのようなリスクを避ける選択をするであろう、つまり朝米双方とも
対話の可能性は放棄しない」と強調。また、「現在の朝米間の交渉がうまくいき、首脳会談に漕ぎつけたとしても非核化のプロセスにおいて、70年近く交戦関係にある双方に信頼関係が皆無な状況では今後も意見の相違から、緊張局面がいつでも再燃する可能性があるので朝米和解のプロセスを後押しする日本を含む周辺四者の役割が重要であり、朝米+4者の6者枠組みが求められる」と提案していました。

私は米朝首脳会談は決裂しないし、また仮に決裂しても米軍がその後も軍事行動は取れないとみています。

Here is my latest story for NK News on how Ri Pyong Hwi, associate professor of Korea University in Tokyo, views the first-ever U.S.-North Korea summit and North Korean issues.


posted by Kosuke at 16:36| Comment(0) | NK News