2019年06月18日

日本は中国のネット検閲や言論弾圧に目を光らせなければならない!

ダウンロード.jpg

天安門事件30周年や香港での大規模デモに注目が集まるなか、中国のネット検閲や言論統制の現状について、ビジネスインサイダー日本版に書かせていただきました。中国国内外にいる多くの友人や知人、記者仲間に話を聞きました。皆様、取材に応じていただき、謝謝!お時間あればご笑覧ください。

空席の椅子もプーさんもNG。権力集中の習近平体制で強まる中国のネット規制

実は9日にAbema的ニュースショーに出演した時の話に、新たなに多少補足取材して書きました。AbemaTIMESもその時の小生の話をまとめてくれました。こちらもお時間あればどうぞ。

中国、過度なネット規制の末路 専門家は“2022北京冬季五輪”で「羽生結弦選手の演技後」に注目

thumb001.w800.v1561364045.jpg

知り合いの日本人の大学教授は「昨年、上海交通大学に招かれて3時間講演+セミナーをしました。内容が良かったので、短い感想をゼミOGに翻訳してもらって私のWeChatに投稿したところ、翌日、当局から掲載禁止の指令を受けたとのこと。こんなところまで規制をする中国とは?と複雑な心境になりました」と話しておりました。

中国の国営メディアに勤務する私の友人は「中国14億人、56の民族を統制するには仕方がない」と言っていますが、こういう言論統制の事態を見聞きすると、やはりファーウェイの通信インフラの市場占有も空恐ろしくなるのが分かります。

私は中国の友人も多く、親中派と思っていますが、中国の言論弾圧には今後も厳しい目を注いでいきたいと思っています。


72C22E69-B3D1-4B85-93B6-A55AD4A4AED7.png

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]