2018年09月06日

東洋経済オンラインへの最新の拙稿です

スクリーンショット 2018-09-05 17.31.08.png


父の本家のある北海道が地震で大変な状況ですが、拙稿のお知らせです。

ワシントンポスト紙のベテラン記者、ボブ・ウッドワード氏が11日に出版するトランプ政権の暴露本をめぐる波紋が広がっております。

昨日からCNNもこのニュースで一色です。NYタイムズも、ワシントンポストの後追い記事にも関わらず、大きな扱いで書きました。皆んなが思っていた以上に、トランプ政権の内実がひどいとわかりました。

日本は戦前戦中、ソ連のスターリンやドイツのヒトラーのことを良く研究せずに、無残な敗戦に直面しました。トランプという人物を知らないと、日本も危ない。トランプを知るには格好の材料です。そんな思いで拙稿を書きました。ぜひご笑覧ください。

伝説の記者が暴くトランプのヤバすぎる内実
新著でホワイトハウス奥の院の混乱を暴露

posted by Kosuke at 12:01| Comment(0) | 東洋経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]