2017年12月20日

ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーへの最新の拙稿です

ageisashore.jpg


安倍内閣が地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を決めた。米大手軍事メーカーのロッキードマーティンのBMD(弾道ミサイル防衛)システムだ。

ちょっと専門的になりますが、実は米国防総省は12月15日、米海軍とロッキードマーティンの主力部門ロータリー&ミッションシステム(RMS)との間で、「イージス・ベースラインJ7」採用のイージス武器システム (AWS) のFMS(契約額1億3580万ドル)を認めたと発表したばかり。これは海上自衛隊のイージス艦向け。

25487589_10215292185488121_458869350292552313_o.jpg

これで、これまで海自が保有するイージス艦6隻のうち、BMD対応ではなかった「あたご」と「あしがら」でも、敵の巡航ミサイルを迎撃できるSM6を発射できるようになるとみられる。もともとはSM6は、ベースライン9での運用予定で開発されたが、『軍事研究』7月号でも述べられていたが、現在ではベースライン5以降の艦から発射が可能である。

要はBMDシステムをめぐり、日米の一体化がガンガンと進んできているということ。

Japanese cabinet approves deployment of two Aegis Ashore BMD systems

Kosuke Takahashi - Jane's Defence Weekly
19 December 2017

The cabinet of Japanese Prime Minister Shinzo Abe on 19 December approved the introduction of two Lockheed Martin Aegis Ashore ballistic missile defence (BMD) systems to counter the growing threat posed by North Korea's nuclear weapons and ballistic missiles.

"North Korea's nuclear and missile development has become a greater and more imminent threat for Japan's national security, and with the two Aegis Ashore systems, we believe we can drastically improve our ballistic missile defense capability to protect Japan continuously and sustainably," said Defense Minister Itsunori Onodera.

The approval allows the Ministry of Defense (MoD) to purchase two units of the advanced air-defence systems to add to Japan's current two-layered BMD system based on ship-borne Standard Missile 3 (SM-3) interceptors and land-based PAC-3 batteries.

To read the full article, Client Login
(123 of 552 words)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]