2021年07月30日

佐藤優さんの小林賢太郎さん解任についてのコメント

佐藤優さんが小林賢太郎さん解任についてコメントをしております

この動画の36分ごろから始まります。


「日本の中で大いなる勘違いがたくさんある。『昔のことじゃないか』『コントのネタじゃないか』『全体を見てみればごく一部』『言葉尻をとらえているのではないか』。これは全部間違い。これはとんでもない犯罪なんです。どういうことか。ジェノサイドとかナチスによるユダヤ人虐殺を冗談とか遊ぶに絶対に使ってはいけないということは国際基準です」

佐藤さんはこの文字起こし以外にもたくさん話されております。この記事を早い段階で書いたことで、過去最大級の批判を浴びてきましたが、旧知の佐藤優さんが言ってくれた。良かった。
















posted by Kosuke at 03:09| Comment(0) | Yahoo! ニュース

2021年07月23日

過去のツイートについて反省しております。正直、すべきではなかったです。深くお詫び申し上げます。

おはようございます。

昨日Yahoo!に寄稿した拙稿(「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」五輪開会式ディレクターの小林賢太郎氏、芸人時代にホロコーストを笑いのネタに)で小林賢太郎さんの過去の不適切なネタを取り上げました。そして、それを契機に私の過去の言動についての追及も始まり、反発を買っているようです。

特に問題とされているのが、私が2014年9月1日に投稿したツイートのようです。

これは同じ日に東洋経済オンラインに掲載された拙稿(「ブラック企業」は、人種差別用語である)について、当時、かなりの批判や反発が私に寄せられたため、親しい編集者の方に「〇〇さんは、どう思いますか?」と伺ったところ、ツイートにある意見を賜ったため、「こういう意見もありますよ!」との思いから、その編集者の発言を引用して、自らツイートしてしまいました。今となって思えば、放送禁止にもなっている差別用語を含むそのツイートはいかなる思いがあってもすべきではなかったと反省しております。人としてもジャーナリストとしても人権感覚が欠如する内容でした。ここに深くお詫び申し上げます。

なお、Yahoo!への昨日の投稿は、僕が東京五輪開会前日を狙って書いたのではとの憶測が出ていますが、それは違います。21日深夜から22日未明にネットで大きな問題になっていることを知り、最終的に「これはやはり書かなくてはいけない」との思いが募り、書かせていただいた次第です。ホロコーストはどんな形であれ、そして、何時であれ、笑いのネタにしてはいけない。ホロコーストの代わりに、広島や長崎の原爆について同じように笑いのネタにされたら、日本人はどう思いますか。1988年の学生時代に留学したアメリカでは、ユダヤ系アメリカ人の家庭にホームスティしました。その時にホロコーストという人類の悲劇について何度もホストファミリーから聞かされていたので、僕はその思いが特に強いのかもしれません。

また、「ブラック企業は人種差別用語である」との考えは今も変わっていません。私の考えは、東洋経済オンラインへの拙稿で述べましたのでここでは繰り返しません。最近読んだ中では、こちらの文章「言葉について考えよう」が分かりやすかったです。ぜひお時間あれば一読ください。僕はどれだけ攻撃されても嫌われてもいいのですが、「ブラック企業」との言葉で差別を感じている人々がいる以上、そうした人々の思いをぜひ受け止めていただければ、と存じます。

また、このブログの最後になってはなってしまいますが、すごく伝えたいことがあります。それは、小林賢太郎さんの今後のご活躍を心より祈念していることです。僕は小林さんとはこれまで何の接点もなく、個人的な恨みも全くありません。解任にあたっての小林さんのメッセージも拝読し、真摯に昔の言動を反省されていて、誠実で素晴らしい方と存じました。僕も大いに小林さんの真摯な姿勢に学ばなくてはと思いました。その小林さんのメッセージに学び、このようにブログで僕も謝罪しなくてはと思いを新たにした次第です。

僕もこれまでの52年の人生で数々の失敗と挫折を経験してきました。

クリエイターとして才能あふれる小林さんの今後のご活躍を心よりお祈りいたします。

高橋浩祐

posted by Kosuke at 09:16| Comment(0) | Yahoo! ニュース

2021年07月21日

このところ、初心に戻ってジェーンズに英文記事を多数書いています。

648ef_1635_c686abdf91090864c78a80e8ab682dac.jpg


最近、書いた本業のジェーンズ・ディフェンス・ウィークリーへの記事です。こうしてアピールしないと、軍事防衛関連の取材先も「高橋記者はいつも電話をくれるけど、ちゃんとジェーンズに記事を書いているのか」とも言われかねないのでアピールしておかないといけないわーい(嬉しい顔)ジェーンズは一部の写真付き記事しかサイトに掲載しておらず、僕の記事の露出もぐっと減ってしまい、寂しい限りです。本当はサイトにどんどん無料掲載してもらい、多くの方に読んでいただければと思っています。以上、経営をまったく考えない末端の一記者の思いでしたわーい(嬉しい顔)

Date           Title
21 Jul 2021   UK to permanently assign two OPVs to Indo-Pacific region
19 Jul 2021   MHI to supply equipment aimed at detecting electromagnetic interference with Japanese satellites
19 Jul 2021   Japan's ATLA reveals more details about next-gen OPV plans
16 Jul 2021   Japan to operate F-35Bs from air base near remote southwestern islands
15 Jul 2021   Japan, UK to conduct joint research on chemical and biological protection technology
13 Jul 2021   Japanese defence white paper highlights importance of ‘Taiwanese stability' for Tokyo
07 Jul 2021   Number of Chinese vessels entering contiguous zone of disputed Senkaku/Diaoyu Islands reached record level in first half of 2021
06 Jul 2021   Japan's deputy PM eyes possibility of Tokyo joining US in defending Taiwan
25 Jun 2021   Japan completes development of UH-2 multirole helicopter for JGSDF
22 Jun 2021   Japan's MHI launches third Mogami-class multirole frigate for JMSDF
21 Jun 2021   Japan to equip Aegis Ashore replacements with AN/SPY-7 SSRs
14 Jun 2021   JMSDF tests new torpedo system in Kagoshima
09 Jun 2021   Japan agrees to protect Australian Defence Force assets
03 Jun 2021   Update: Japan plans to also operate F-35A fighters from Komatsu Air Base

そもそも22年前に朝日新聞を辞めたのは、英語で記事を書いて発信するためでした。
詳しくはこちらの堀潤さんのチャンネルの動画で話しました。お時間あればご視聴ください。かなり生々しいお話をしました。




「国防を知らずして国を語るな」が私のモットーです。今年の防衛白書では「台湾情勢の安定重要」 が初めて明記されました。政府は北朝鮮を「脅威」とみなす一方、中国を「懸念」とみなしています。なぜなのでしょうか。まだお読みになっていない方、ぜひこちらのYahoo!への拙稿もご笑覧くださいませ。

中国は日本の安全保障上の脅威か懸念か――防衛白書はどう分析したか(高橋浩祐)


hyoushi.jpg


また、このコロナ禍、まだワクチンを一回も接種していない身ですので、人ごみに行くのは怖いのではありますが、東京五輪のバブル方式を実際に見なくてはいけないと思い、羽田空港に行ってきました。やはり現場取材はいいですね。うきうきしてしまいます。

東京五輪の「バブル方式」は選手団入国時の羽田空港で崩壊――これが菅首相の言う「安心安全な大会」なのか


USAclose.jpg